薬指にはめる結婚指輪の意味について

結婚指輪は左手の薬指にはめる。
これは、多くの方がご存知のことだと思います。
海外には、他の指や足の指にはめる文化があるところもありますが、日本ではやはり左手の薬指です。
では、どうしてこの指に着けるのかというと、この指が愛情の力が溢れる特別な指であるとされているからです。
こういった考えが始まったのは、今からだいぶ古いヨーロッパです。
古代エジプト時代、左手の薬指はハートに繋がっている太い結婚があると考えられていました。
ここから、愛情のパワーが宿っていると言われるようになったのです。
結婚する二人が、お互いに信頼や愛を誓う際に必要な結婚指輪。
永遠に愛情が続くようにと、途切れることのない「輪」(指輪)をこの指にはめるのです。
日本にこの習慣が入ってきたのは明治の時代。
そして、更に時を経て広く知れ渡るようになったのは、戦後とのことです。
今では、どのような結婚式スタイルであっても、結婚指輪の交換は見られるようになっています。